YOUGAKU TIMES

洋楽にハマった大学生が、歌詞和訳・英語学習に関わる情報を発信していきます♪

資金調達プラットフォームのトップトレンド




パンデミックが始まってからの過去22か月間、社会変化は今までより更に加速度的に速くなっています。その速度に続いて、資金調達の傾向変化も加速しています。その結果、より柔軟で、安全で、ハイブリッドで、魅力的なトレンドを生み出しました。今回は、資金調達の最新トレンドを見ていきましょう。

デジタル資金の調達

資金調達の傾向は年々変化しており、特に、デジタル資金調達はこれまで以上に重要になっています。Blackbaud InstituteのCharitable Giving Reportによると、2014年時点ではオンライン寄付の割合はわずか9%だったのに対し、2021年には、オンライン寄付の28%がモバイルデバイスから行われたというデータがあり、着実にデジタルによる資金調達は増加しています。また、デジタル資金調達能力と戦略的財務計画が、回復力を維持するために必要な最も重要なスキルの1つであると報告しています。

特にモバイル決済技術は、2022年以降のデジタル資金調達戦略にとって極めて重要になるでしょう。Apple Pay、Google Pay、PayPalなどのサービスは、出資者がクレジットカード情報を安全かつ迅速にオンライン フォームに入力できるようにすることで、プロセスを合理化してくれます。さらに、ブロックチェーン、暗号通貨、テキスト、QRコード… 資金調達の方法は実に幅広くデジタル化に移行しています。インターネットショッピングの決済や、ストリーミングサービスの支払い、オンラインゲーム、ルーレット 無料で遊べるものでも、デジタルでの資金調達は、今後発展するための鍵と言っても過言ではありません。

ライブストリームコンテンツの活用

ライブストリームは、COVID-19パンデミックの際に爆発的に増加しました。LiveStreamの調査によると、2020年には、ライブストリームは前年比で99%増加し、3月から4月までのロックダウンの開始時に大きな成長を遂げ、それと同時に、資金調達トレンドのトップの地位を占めるようになりました。また、 SNSを利用する約80%の人が、ブログの投稿を読むよりもライブストリームを視聴するという調査報告もあります。

オンラインビデオコンテンツがこれまで以上に大きくなっていることは、もはや周知の事実となっています。動画は、今後も続く資金調達のトレンドの1つであることは間違いないでしょう。そこで、資金調達にあたりライブストリームコンテンツを専門とするインフルエンサーと提携し、新しい視聴者にリーチし、収益を上げることで資金調達を行う動きが見られます。現在、ライブストリームコンテンツの54%はゲームとeスポーツであり、このコンテンツクリエイターは、コミュニティで非常に目立っており、熱心な視聴者がいます。そのため、多額の資金を調達できる可能性が十分に見込めるでしょう。

 

3つの資金調達トレンド

1.オンライン寄付

 

  • QRコード

QR コードを介してチケットを提供し、非営利団体は寄付者を募金ページにすばやくリンクします。

  • Automated Clearing House (ACH)

寄付者がクレジットカード手数料を回避するのに役立ちます。オンラインの寄付者は、クレジット カードで支払うこともでき、1 回限りまたは継続的な寄付を行うことができます。

  • グーグルペイとアップルペイ

多くの非営利団体が、オンライン募金ページにGoogle PayとApple Payを追加しています。

  • ペイパル、ストライプ、ベンモ

PayPal、Stripe、Venmoはすべて、寄付者に電話から直接支払うオプションを提供します。これらの会社を使用することの便利さと安全性にがあります。

  • テキスト

オンラインのイベント中に文字による寄付を促進することで、寄付者が文字で簡単に寄付できるようにします。

  • 暗号通貨

暗号通貨は影響力を増しており、ビットコインやイーサリアムなどの企業から仮想通貨の購入を検討する人が増えています。

2.ハイブリッド イベント

  • モバイル入札

パンデミックの最悪の時期に驚くほど人気が​​あり、経済的にも有益でした。

  • ライブストリーミング

先ほど説明したライブストリーミングはこれに当たります。ビデオやライブ ストリームを共有したり、自宅でサポーターをストリーミングしたりすることで、組織は人々が一緒に祝っているような気分になり、イベントを楽しむ可能性が高くなります。

3. 企業寄付

多くの企業は、従業員の贈り物を一致させます。つまり、寄付者からの寄付を 2 倍、さらには 3 倍にするチャンスがあります。

結論

経済、テクノロジー、および日常生活が変化し続けるにつれて、多くの資金調達方法があります。パンデミックのおかげでこれまでに紹介したような資金調達方法はさらに加速する動きを見せています。オンライン イベントやオンラインでの寄付は増加しており、これらの傾向を無視する企業は時代遅れになる危険があります。これらはSNSなどを使い拡散することで、さらに増加の一歩をたどるので、ユーザー意向やユーザー層をしっかり見極めた上で、資金調達を行うと良いでしょう。また、これから先にも新しい資金調達のプラットフォームが出てくる可能性がありますので、その動向を追うこともも忘れずに行うことをお勧めします。もし、資金調達がスムーズにできればこれから発信したい内容が加速することは間違いありません。